仕事ときどき女の子

しがない会社員です

優秀なマッチングシステムによってマッチした人と付き合うことになった

暇つぶし程度にしか使ってなかった某マッチングアプリでマッチングした人と付き合うことになったのでそれまでのあれこれを書きたい。覚えているうちにログとして残したい。先に言っておくが、淡々と付き合うまでにあったことを書いているので、どうしたらマッチング出来るか?みたいなことはまったく書いてない。

 

そもそもだ。マッチングアプリは2年前休職してたとき、暇すぎて使ってた。

ninatanpee.hatenablog.com

数人と実際会ったけどそれっきりだったし、変な人もいたからテキトーにメッセージをして退会してを繰り返すだけの、やる気もクソもない感じだった。

いろいろあってパニック障害になってからはやってなかったのだけど、去年の夏頃には元気に外に出れるようになったから、薄ーーーーく再開した。いつもどおりテキトーに趣味が合う人とメッセージをして、たまにモンハン一緒にやったりして、会うことはないまでもまあテキトーに暇つぶしをしてた。

 

ところがどっこい、先月くらいだろうか。彼とマッチングしていつも通りテキトーにメッセージ交換をしていて、普通にモンハンやって、普通にLINEも交換することになって、ここまではよくあるパターンではある。でも、話をすればするほど偏った私の趣味を全部調べ上げているんじゃないかというが如く、いろんなことが一致した。

例えば、私はオカルトなこと大好物なんだけど、彼も大好きでHuluのオカルト系ドキュメンタリー番組を同じく制覇していたし、Huluやプライムビデオで見るアニメや映画もほとんどかぶってた。もう一回言うけど、私らの嗜好はめちゃくちゃ偏っている。オカルト、SF、そのくせ恋愛もののアニメも少し見るし、100話近くある笑ゥせぇるすまんも全部見ていた。ほぅ…これは興味深い…とマッチングシステムを讃えつつも、彼への興味も持ち始めた。

 

今月はじめに会うことになった。19時に駅で待ち合わせした。

これまでの人たちと一線を画すなとは思ったけど、でも正直、そうかんたんに私と気が合う人なんか出会えるわけはなくて、いつも通り1回会って終わるな〜とあまり期待しなかった。

でも私の目の前に登場した人は、雰囲気とか第一声だとかで真面目で話しやすそうな人だなって、そう思った。これまでとは違うかもしれないぞと思った。

話すネタはオカルトの話とゲームの話がほとんどだった。ネタではなく本気でUFOとか宇宙人について議論をするという、本当にまともじゃない話を一見まともそうな青年と終電まですることになった。

その帰り道、来週もご飯行きましょうと誘われてつい舞い上がってしまった。次があるのは初めてだったからだ。その日言われたことや行動を何度も憶測した。反面、とはいえ彼は悪い人じゃないんだろうかとも頭をかすめた。でも名前を検索してある競技で優秀な成績を納めていることを見つけて少し安心したりした。

次の週、ご飯行ってもずっと話が途切れなくて楽しかった。また来週も会いたいなって純粋に思って、来週映画見ませんか?と誘った。二つ返事で行きましょうと言ってくれた。

映画の前日、親友の美容師さんのところに行った。明日デートだからよろしく、と伝えておまかせした。「それ3回目でしょ?」と聞かれてああそうだよと伝えると、「それって告られる日でしょ」と告げられる。えっ、と思ったが世間ではそういうもの、らしい。

急にかしこまってしまって、当日はお腹が痛くて食欲もなくなった。彼がうちの近くまで来てくれて、映画館に向かった。映画はとてもつまらなかった。私達ともうひとりしか客がいないB級映画だった。その映画の話題がひとつも出ないまま、日が暮れた外のベンチで喋ってた。空を見ていたら、明らかにおかしい動きをしてる物体を見つけて、あれ変な動きですね、と言っているうちにいきなり光が消えた。これはUFOですねまじで、なんて笑いあった。(でもこれは真面目に未確認飛行物体だと思う)

夜空がきれいで星よく見えたからと、この辺でよく星が見えるところに行きましょうという感じになった。どこかいい場所知りませんか?と言われて、何を思ったか家に来ませんか?と口走った。あれ??私は何を言ってるんだろう???そんなつもりは1mmもなかったんだが???と自分で言っておいて混乱し、でももう引くわけにもいかず、うちでのバルコニーで星を眺めたあと、ご飯を食べることにした。

プライムビデオでXファイルシーズン1を見ながら宅配ピザを取って食べた。ただただ楽しくXファイルを見ていた。…ところに、急にぐいっと体を寄せられて「俺になちゃんのことめちゃくちゃ大好き。付き合って下さい。」と告げられ、親友の予測通りの展開となった。が、なぜ予測していたのにそうなったのか、不慣れな私は「えっ???」「それって本当???」「もしかして嘘???」とよくわからない言葉を何度も言い、彼の言葉を体に順応させるのに挙動不審になってしまった。彼はただ笑って見てた。

落ち着いてから返事をして、付き合うことになった。

 

でも、ここまで会って3回目で、今まで薄暗いお店でご飯をしたくらいだったし彼の顔すらよく把握してない(?)と思う。彼も同じで、私の顔を完全には識別していないんじゃないだろうか…

というわけで、「数年ぶり3人目の彼氏」が出来て、毎日浮ついてしまっている。仕事への依存度が落ち始めたことは、いいことであって欲しい。自分の趣味を隠さず、むしろ一緒に楽しんでくれる彼氏がいるの、純粋に嬉しいし楽しい。ふふふ。

 

仕事をすれば未知なる遭遇

ここ1ヶ月くらい余裕がない忙しさだった。カフェに行く余裕や夜お風呂に浸かる余裕がなかった。リモートワーカーだって、忙しいのよ。

 

炎上案件の尻拭いとしてディレクションすることになった。

私や自社サービスの超優秀エンジニア全員大集合という大惨事である。おかげで自社サービスは水面下でデザイナーとマークアップエンジニアが動くくらいしか出来なかった。期末という大事に時期にだ!!怒

まだ続いているのだけどひとまず落ち着く予定だから、それまでのことをただ見世物小屋のように書いていく。

 

社内

そもそもだ。主犯のディレクターがいる。私より一回りも上の男性ディレクターだ。ろくに目的も理解してない、仕様も理解してない、先方に連絡もしない、リリース出来ると言い張っていざリリース2日前になったら出来ませんと言いやがる、仕切り直しのスケジュールに根拠もない…そら燃えるだろうよ。

一緒にやり始めてからも足並みが揃わない。優先度低い話をダラダラとする、半年近くも関わってきてるのに主力機能の仕様がわからないと言う、一刻も早く連絡しなきゃいけないことを数時間放置する…え、なに、新人なの?と言わざるを得ない。

最初からいるエンジニアは外注だ。出来る人だが稼働時間が極端に少ないエンジニアと、安いが勉強中でスキルセット低めのエンジニア。時間に余裕があるならなんとかなっただろう。しかし、ほとんど出来てないのに2週間でやりきる可能性は0。というわけでうちのチームのエンジニア2名を差し出した。

先週は、無理やり時間を作り出して行った検証フェーズで不具合出しと修正を死に物狂いでやり尽くした。HPもMPも1と2の間を彷徨い続けた。心底疲れた。そしてそのディレクターがいないSlackは荒れた。

社長も呆れている。今後こういう案件に男性ディレクターを入れないということで対策を打つ。

 

社外

ひどいのは社内だけではない。お客さんもまあ無責任な人たちである。

まず連絡をよこさない。その上でリリースしてミスするなよと脅してくる。ミスしてないかどうかチェックするのはあなたたちもですよ!!!わかってるのかなあ!!!コピーライトよく見てね!!!

先週は、リリース間近だというのに確認のお願い出しても返事なし。期日になっても返事なし。付き合ってられないから「我々はやることやりましたが返事ないですよね、○時までに返事がないなら修正出来ません」と送ったらすみません〜〜と返事が来る。しかしその時間に返事は来なくて真夜中に返事。次の日に返事して内容詰めたいのにまた返事こない。

はぁ?やる気ないなら帰ってよ!!このツールに込めた思いとか夢とか語ってたくせにこのザマかよ〜〜!!!本気なら態度で示そう!忙しいから何なの?最低限のこと出来ない時点でこのプロジェクト破綻してるからね!!

 

 

ひとつ思ったのが、ここまで明らかに私が悪くない環境にいると、逆に自分が正当化されている感じがするんだよね。悪いのは過去の行いであって、今やるべきことはやってるからひとつひととう浄化されていくだけなんだよね。

 明日からまた戦地に戻らなくちゃいけない。はぁ〜〜〜〜〜〜

褒めろよ

褒めろよ

 

 

許せないことを許すきっかけに遭遇すること

ninatanpee.hatenablog.com

前にこんな記事を書いたんだけど。続きがあってね。

 

結局私、ずっとこの案件のディレクターやってて。仕事だから、やりたくないが通るわけでもないし当たり前だけど。

あれから両社歩み寄って元通りの関係になれて、むしろビジネスパートナーとしては他の案件一緒にやろうとしたり、いい関係になれてたみたい。

でも、私は意地っ張りだから心のどっかでずっとモヤッとした気持ちをを持ってた。ミーティングも淡々とやって、出来る限り口頭で話さなくてもいいように話を持っていったりもしてた。

 

とはいっても、あの日から時間が経って、数ヶ月も前のことだし心にもかさぶたが出来始めてた。

しかもこの間、よくも悪くも社長の気の遣えなさを私も感じることもたくさんあって、ああこういうことに腹を立てたんだろうな…と理解をする場面もあった。(社長と仕事をすればするほど、悪意のない気遣いのなさをとても感じて、ただ悪意がないから何も言わないようにしちゃうけど、結構ムカつく対応だったりする。)

気持ちわかるな〜〜なんて、心の中の「許せない自分」の隣に「理解出来る自分」が生まれてた。

 

この前、いつも通りその人と定例ミーティングしていて、何かの拍子に少し仕事の話から脱線してフリーランス雇うの大変だよね、みたいな話から始まって、趣味垢何個も持ってるって話からSNSって見栄の張り合いでやってらんねえよみたいな話をして、なぜかガールズトークで45分くらい盛り上がった。(ちなみにこの人、女性で私より年下の社長さん。いろんな意味ですごいよね。)

ひととおり盛り上がったあと、ずっと2人でご飯行きたいって思ってたから行きましょうと誘ってくれた。とてつもなく驚いた。更に、「多分になさんからみた私の印象最悪だと思うので挽回したいです」と笑えない冗談を投下された。

 

そのときの話を少し話してくれて、大阪人の感覚では普通の詰め方だけどそうは見えなかっただろうなと後々思ったということと、私がビビりまくってたから悪いなと思っていた、らしい。いや全然普通じゃねえよ?って感じだったけども。

あとその方は若い女社長で、仕事で横柄な態度を取られることが多いみたいで相当気にしてるところ、うちの社長の「悪意なきやり方」が地雷を踏んでしまった…という感じらしい。これには最近めちゃくちゃ感じることだから、共感するなぁって正直思ったよね…

 

とにかく改めて話が出来たのはよかったなと思った。きっかけがなかったら何も変わらなかっただろうし。

こんな風に、きっかけをくれる人にどれだけ救われてるだろう。私はなかなか生み出すことができない側の人間だなと改めて思ったし、ご飯行きましょうと言われてテンパってしまい顔を真っ赤にしてしまったことは、音声ミーティングでは伝わっていないから安心して喜んでいる。

 

 

オフィスに華が咲く

昨日久しぶりにオフィスに行った。

新しいフリーランスマークアップエンジニアの女の子が私と同い年だった。共通点が多くて話すの本当に楽しかった。(でも私は極度の人見知りなので挙動はおかしかったと思う)

チームは既婚男性(30代)しかいないからそりゃたいして話題もなくて。仕事の話くらいしかすることはないのだけど、昨日は結構オフレコな話でみんなで盛り上がって楽しかった。プライベートな話に突っ込んで聞ける&聞いてもいい雰囲気の人いなかったから、とても新鮮だったな。ネイルの話したり彼氏いないって話って話したり、こんな生活してちゃ彼氏作れないよねとか、私が営業頑張っていくからシェアし合おうとか言ってわっはっはってして、あっという間に夕方になった。

仕事だったにも関わらず完全にプライベート寄りの楽しさが充満した空間がそこにあって、こういうの久しぶりだなぁなんて思った。大人になってからは、楽しく話をするとなっても仕事場の人ばっかりだし、どうしても建前が先行してしまう場になっちゃってたしね。

とてもオンラインじゃ語れないような話もたくさんして(その子の前職は界隈では有名なサービスの運営会社だけど、その内情とか)、物凄く楽しかった。いつもTwitterでつぶやいたりSlackでやりとりしたりSkypeで話したり、ネットワーク越しではなくてリアルな場でどうでもいい話をして笑い合うなんて本当に久しぶりだった。変な話だよね。私は3次元に存在するというのに。オンラインじゃ語れない話が普通なのに。

とにかく楽しかったんだ。ってことだけをただ日記にしたかったんだぜーーー

 

どうでもいいけど、はてな女子Slackとか作ってみんなでどうでもいい話しまくりたい。

 

真夜中の出来事日記

最近は、自社サービス以外にもやってる、ある受託案件が大詰めで忙しい。

実装終わったっていうから検証フェーズに入って、テスターを2人アサインしたというのに蓋を開けたら全然実装が終わってない。出来るところからと、だましだましテストを開始しつつ、エンジニアと締切を約束しては破られ、進捗を聞いては5時間後の夜中12時に終わりませんと報告を受ける、ということを繰り返し数日。ブチギレもせず、淡々と、もうそんなこといってるフェーズではないということと、いつまでに終わらせるかを自ら言わせ、客には頭を3回下げた。

とはいえエンジニアを全面的に責めるわけにはいかない。そういうエンジニアだと知ってるのに見越してスケジュールを組めなかったわたしのスキル不足だ。いつもはへこんで立ち直れないところだが、今回は何がそうさせるのか、Evernoteを立ち上げ、学んだことを箇条書きでまとめた。「次スケジュールを立てる時に確認すること」というタイトルを付けて保存した。

 

エンジニアもテスターも夜に対応する。エンジニアは夜型だからだし、テスターは海外在住だからだ。昼間は自社サービス、夜は受託。そういう生活だ、最近は。

その中の1人のテスターは、ものすごい華やかな経歴を持った女性だった。「ウケがいいでしょ」なんて笑いながら楽しそうにそのときのこと話していた。業界人としてはものすごく興奮した。

社長とのミーティング中、そういえば、なんて言ってその話をしたら興味なさそうにふーんとかへーそうなんだーとつぶやいた。女の話を聞かない男。今はそれどころではないしもっと大きなことを企む男。私の気持ちは社長の真横を通過していく。

 

昨日の真夜中、ついにスケジュールが崩壊してリアルに頭を抱えて打開策を頭に組み立てている最中に、社長から電話があった。

 

ある受託案件が炎上して、デザイナーが連絡を絶ったあとブチ切れたという。そのデザイナーはうちの自社サービスもデザインしてくれているデザイナーで、とてもブチ切れるタイプの人ではなかったし、その受託案件でもいろいろ気遣ってくれて進捗していた(わたしも途中まで関わってたからよく知ってる)。自社サービスのデザイン業務を全面ストップさせてこの受託案件をやってもらってた。

でも、そもそもその案件自体、燃えるな…という要素ばかりだった。クライアントは意見をコロコロ変えるし、決まるものも決まらず、でもリリース日は変えられない、という具合。ついには、案件の趣旨自体が変わる自体に発展して、不眠不休で作ったデザイン全部がおじゃんになってしまって、それがデザイナーをブチ切れさせたきっかけになったらしい。同情しますわ。

本当は、このデザイナーを受託案件にぶっこむから自社サービスのデザイン止めるって判断されたときはちょっとイラッとして、「この案件なんで受けるんですか?旨味あるんですか?社長は自社サービスどうしていきたいんですか?」と言ったりして、逆に社長をイラッとさせた気がする。でも、今となってはわたしの言ってることの意味がわかってくれただろうか。

 

社長はそのことを共有したくて電話してきた。もう自社サービスのデザインもやってもらえないかも、と。どうしよう、でもしょうがないよね、決めてもらうしかないよね、どうしよう、でも…と中身すっかすかの堂々巡りを独り言のように喋っていた。

一通り独り言を言い終わったあとは、もっとしっかりしなきゃいけないんだよね、クライアントにNOって言わなきゃダメなんだよね、優しい社長なんていらないんだよね、とお葬式モードに変わっていった。

 

いつも通り黙って聞いていた。

わたしは社長になったことないから何が正解かなんてわからないし、社長の会社なんだから社長の好きにすればいいと思ってる。だからアドバイスなんてしない。

ただ、社長がわたしを裏切るようなことをしない限りは、きっと社長側の人間でいると思う。その関係があれば、会社がどうなってもどうにかなると思う。エンジニアが全員逃げても、会社の金が横領されても、億の金を稼げる男がそこにいれば無敵ではないか。

デザイナー、逃げちゃっても別にいいですよどっちでも、とだけ言っておいた。そうなの?と聞かれたけど、そうですね、としか返せない。優秀な人だったけど、会社ってその時々にいるべき人、いなくなる人の波があるから、それに飲み込まれただけの話だと思います、と付け足した。そっか、とだけ言って社長は終電で、別の案件のクライアントのオフィスがある街へと向かっていった。

 

変な話だけど、黒執事でファントムハイヴ家が「女王の番犬」であったようにわたしは「社長の番犬」なんじゃないかと思う。冗談で言ったら、「ちょっと前に言われてたら純粋に嬉しかっただろうけど今言われたら意味深すぎる」って返された。だよね。

BOSSのCMで、25年間勤めた議員を辞める時、秘書が「いい時も悪い時も、あなたのそばにいました」と言うシーンがあるのだけど、多分こういうポジションなんだろうなと。

 

電話を切ったあと、エンジニアからの返信を待って、真夜中3時までPCを眺め、寝付けず朝になり、それが今日。

そして今日は転院先の初診にかかる予定で会社は休みの扱いになって、様々なミーティングを調整してきた。

のに。起きたら体調がすこぶる悪くて、客に謝罪文を送りタスク確認をしあれこれしてたら初診受付時間が終了し、少しだけ仕事をしつつ、平日昼間に仕事をせず星野源のLive Blu-rayを見ながらこの記事を書いていることに気持ち悪さを感じている普通の木曜日なのであった。〜Fin〜

 

「にな」と「にな」じゃない方

「にな」は高校生のときから名乗っている「リアルじゃない私」の名称。

人一倍敏感な神経をしていた学生時代、言葉は私を救った。ブログを転々としながらも、文章を書くことは止めなかったし、今も続いてる。

 

…リアルな自分をネットに住まわせるようになったのは、TwitterFacebookが出来てからだ。今から10年くらい前かな。私にとってネットは匿名が普通だったから、大学の友達なんかとつながっていることがなんか落ち着かなかった。

今では、「にな」じゃない方のリアルな自分のアカウントは、会社のアカウントとして名刺にも載ってる。意識高い業界人のつぶやきがタイムラインに流れてくる。最近ノッてるサービスや、買収の話や、誰がすごい、あの記事がバズってる、ハラスメントが許せない、日本は遅れてる、海外ではとっくに、ああいう考えは悪だ。9割型どうでもいい話ばかりをたまにお気に入りに入れて、なんとなくRTして、本当に知りたいことなんか教えてもくれないのに、なんて頭の片隅で思っているクセに、どうでもいいものに最低限の反応をつける。

「リアルな方」は見られたくない人にだって見られる。名刺にも書いているしクローズに出来ないから、そういう人にも気を遣い、言葉を慎重に選別してつぶやく。

 

ときどき、本当にどうでもよくなる。全部が壊れてしまうくらいの破壊力を蓄えたつぶやきを投下してやりたい気にもなる。

大抵は仕事で嫌なことがあったときだ。仕事で嫌なことがあることに慣れなんかこない。特に理不尽な対人関係は、いつまで経っても傷はかさぶたにならずにヒリヒリしている。

めんどくさい人に、最近めんどくさい絡みをされて、図らずも家の中でパニック発作を起こしてバカみたいで虚しくなった。ただ、こんなバカみたいなやりとりから逃げるほうがバカみたいだと思ったし、職務だから我慢しようと思ってたけど、また次の日もバカみたいに絡まれて、しかも社長もバカみたいな対応しかしてくれなくて、諦めた。パニック発作起こしてまで絡みたくありません、みんな対処療法ばっかりでおかしいですよ、私がストレスに晒されるリスクの方が会社にとって悪だと思います、とまで言い放つ私は、どこかネジが外れてるのかそれとも強気なことはいい傾向なのか。まるで小説の主人公だ。

この人は私のSNSを見ている。もっと言うと、リアルにも会社とリンクしてる用と大学の友達とつながっている方の鍵垢があるのけど、こう分かれてしまった理由もこの人のせいでもある。ちなみに、実は「にな」の鍵垢もある。なんで作ったかよくわかんないけどたまに大きい声では言えないことを言う。

 

私にとってネットの世界は、クローズドなままでいたい場所。でも、リアルな世界に疲れたからネットに逃げ込んだのに、ネットはもはやマスメディア化、民主主義が広がり、もはやリアルと同じだ。品行方正をネットに求めるなんて、どうかしてる。

だからこそ、「にな」はリアルとの接点は皆無だし、フォロワーさんにリアルの知り合いは一人もいない。時々絡んで、ふぁぼってふぁぼられる関係がすごく好き。ネットでも人と絡むの苦手で自分からいけない人なんだけど、もっと本当は仲良くしたいと…思ってます…(ハート)

(どうでも)イイネ!

(どうでも)イイネ!

 

もう一人暮らしを失敗出来ない

ninatanpe.hatenablog.com

去年の今頃、体調を崩して一人暮らしを断念し実家に帰ってきた。

あれから一年経ち、フリーランスでちょっとずつ仕事をしていたら今の会社からお声がかかり、正社員になって、嘔吐恐怖も、パニック障害も克服して電車にも普通に乗れるようになって、生活自体が元の通り出来るようになった。

で、丸一年経った今、一人暮らしを再開させる。東京ではないけど、県内の都市部に住むことにした。家賃7万で広くて設備も充実したいい部屋。(東京なら10万はかかる。)今週引っ越す。

 

準備も進めて、買い物も楽しくやっていたけど、引っ越し数日前のこの土日、なんとなく怖くなった。一人暮らし、また失敗しないかなとか。決めたからには責任持って生活していかなきゃいけないけど、でもまた体調が芳しくなくなってしまったら…と考えたら果てしなく不安がつきまとう。

リモートワークだから、通勤しないだけストレスも半減。人と会わないことでもっとストレス減。…なんだけど、だからこそ孤立しがちな状況が生まれる。実家にいる今も、特に仕事の話を家族にしたりはしないけど、でも人と喋ることは少なからずストレス減の対策になっていたと思う。それがなくなったときにどうなるか。元々人と話すことは好きじゃないものの、やっぱり話してスッキリすることもあるから。

友達に頻繁に会いに行ったり、週一は必ずオフィスに行くようにしたり、そういうことを対策として持っておくべきだろうから、ちゃんと実行したいなと思う。実行するためには、精神汚染が起こったら浄化する作業を適切に行わないといけない。うん、これが難しいんだけど、やるっきゃない。

がんばろ。

風に吹かれても

風に吹かれても